* 情報更新日 11月16日   * 葬儀社求人情報数 3139

葬儀社求人サポートTOP > 葬儀用語辞典 > 年忌

年忌 (ねんき)

年忌(ねんき)とは、祥月命日。また、その日に営まれる仏事のこと。日本の仏教において、定められた年に故人に対して営まれる法要を、年忌法要(年回法要)という。追善供養のために営まれる。 浄土真宗では追善供養を行わないため、仏法にふれる機縁の法要である。

中陰法要(忌明け)後、命日から100日目に「百ヶ日」の法要が行われるが、この「百ヶ日」と「一周忌」、「三回忌」の3つの法要は、中国の儒教の祭祀の影響によって付加されたものである。これは、亡者が「初七日」~「七七日(四十九日)」と「百ヶ日」を含めた8つの忌日と、「一周忌」、「三回忌」の2つの年忌の、合計10度の時点で、冥界の十人の王に審判を受けるという「十王信仰」に基づいている。この、十王信仰は、仏教が伝来した後に、中国で生まれた信仰であり、道教とも共有しているものである。その審判の時に、遺族による追善供養による功徳で、亡者の審判に資することを期すのが、忌日と年忌の法要の持つ意味あいである。 「七回忌」以降の法要は、日本で独自に付加されたものである。日本では11世紀以降に、十王信仰が広まった。さらにその後、鎌倉時代に、「七回忌」、「十三回忌」、「三十三回忌」が行われるようになったが、これは、「十三仏信仰」に基づいている。これは、十王信仰の各王を垂迹と見て、それぞれの王に本地となる仏菩薩を擬定し、それぞれの法要の時には、その仏菩薩を本尊として法要を行うというものである。 また、神道では三十三回忌をもって荒御霊が和御霊(祖霊)になるとするため、三十三回忌を区切りとする。日本の仏教の一部では、神仏習合の影響により、三十三回忌・五十回忌をめどに「祖先神」として一体化すると考える場合もある。 さらに、上記以外の年忌も含めて三ないし七にて勤めるのは、一般的に儒家の三魂七魄に基づいている。 あと、「十三回忌」は、十二支が一巡する事をもとに勤めると考え「二十五回忌」は、十二支が二巡したとも五十回遠忌の半分とも考える。 そして、普通五十回忌からは遠忌(おんき)という。

最終更新 2009年6月14日 (日) 11:35 出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』