* 情報更新日 11月16日   * 葬儀社求人情報数 3139

葬儀社求人サポートTOP > 葬儀用語辞典 > 焼香

焼香 (しょうこう)

焼香(しょうこう)とは、仏教において、香を焚くこと。特に、仏や死者に対して香をたいて拝むこと。焚香ともいう。塗香に対する言葉。

線香で行う場合と抹香で行う場合がある。 線香焼香は、日常のお参りに用いられるもので、一般には「線香を上げる」と言われる。抹香焼香は、細かくした香(抹香)をつまみ、香炉にパラパラと落として焚くもの。通夜、葬儀、法要などで行われる。一般には、こちらを焼香という。ここから抹香を指して焼香ともいい、むしろ抹香はこちらの呼び方が通りが良い。 心と身体の穢れを取り除き、清浄な心でお参りする際の作法とされる。左手に数珠を掛けて右手で焼香をする。親指、人指し指、中指の三指で香をつまむが、作法は宗派によって異なる。

最終更新 2008年10月19日 (日) 09:38  出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』